生命保険
このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償(保障)内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」「ご契約のしおり・約款」をよくご確認ください。
ご不明な点等がある場合には、代理店(Tel:0120-969-840)まで、お問い合わせ下さい。

生命保険とは

人生、本当に色々なことが起こります。ある日突然病気で倒れたり、予期せぬ事故で亡くなってしまったり、あるいは、思いもよらないケガや病気によって、予定していない多額の出費を強いられることもあるかもしれません。そういった「いざ」という時のために備えるのが生命保険です。

 

生命保険の保障内容は?

死亡や病気・ケガへの備え
死亡や病気、ケガ、介護など予期しないできごとで経済的に生活が困難になったすることがあります。このようないつ起きるかわからないけれども、いったん起きるとまとまったお金が必要となるような場合に備えておくのが生命保険なのです。

将来のための資金の備え
生命保険は将来に必要となるお金を、必要な時期や目的にあわせて準備する手段としても、利用することができます。

 

生命保険の保障期間は?

保障期間には、定期型(更新型)と終身型の2種類があります。
さらに終身型は、支払いタイプによって終身払いと短期払いの二つに分かれます。

終身型
一生涯の保障を準備することができますが、終身払いの場合、払い込みも一生涯必要となります。年齢を定めて短期で払いきることも可能ですが、毎月の保険料負担額はそのぶん大きなものとなります。

定期型
子供が成人するまで、といったようなある一定期間の保障を目的とした保険です。払込期間が保障期間となり、更新の度に保険料の見直しが行われます。同内容の保障では、年齢が上がるごとに疾病リスクなどが高まるため保険料は高くなりますが、保障内容を見直すことで更新時に保険料を下げることも可能です。

 

どんな生命保険に入ったらいいの?

生命保険の必要性は身近な人への思いやりからはじまります。
・自分が亡くなったら、お葬式などいくらくらいかかるか。誰が支払うのか?
・自分が不治の重い病気に罹って亡くなるとしたら、治療費等はいったいいくらかかるのか?
 そして、それは誰が支払うのか?
生命保険に加入する前に、最低これだけは考える必要があります。
この問いのように家族をはじめ身の回りの人が、あなたが亡くなることで、お金の面でどの程度困るかということを知ることが、思いやりの気持ちを全うできる大切な要素になります。

ホームページだけでは保険についてわかりにくい、
自分にはどれが合っているの?他にはどんな保険があるの?
直接お電話いただければ、スタッフがわかりやすくご説明させて頂きます。
お気軽にお電話下さい。 電話番号0120-969-840