がんと診断された場合や、がんにより治療を受けた場合に給付金が支払われる保険です。

がん保険とは

がんと診断された場合や、がんにより治療を受けた場合に給付金が支払われる保険です。
がんは一回の治療費用が高くなる可能性があり、かつ、治療期間が長期化する可能性がある、という病気であるため、
その治療費用を賄うため、がん専用の保険があります。

がん保険の保障内容は?

「がん診断給付金」と「がん入院給付金」がほとんどのがん保険に備わっています。
この他にも、手術や通院、退院時の給付金、がん死亡保険金など商品によっていろいろな特約があります。

がん保険の保障期間は?

終身型

一生涯の保障を準備することができますが、終身払いの場合、払い込みも一生涯必要となります。
年齢を定めて短期で払いきることも可能ですが、毎月の保険料負担額はそのぶん大きなものとなります。

定期型

ある一定期間の保障を目的とした保険です。
定期型のがん保険は更新時に保障内容とともに保険料の見直しも行われるので保険料負担が大きくなる可能性があります。
しかしながら、更新ごとに最新のがん治療に備える保障内容に加えることが可能になる場合など、終身型とは違った安心も得られます。

どんながん保険に入ったらいいの?

がん保険に加入するなら「一家のマネープラン全体を考える」ということが必要です。
もしもがんにかかった場合、休職することで収入が減る・途絶えるという可能性はあるでしょう。
ただ、一家の大黒柱として働くご主人ががんにかかるのと、専業主婦である奥様ががんにかかるのとでは、
収入がどのくらい減るかは変わってきます。
また「貯金を取り崩してがん治療にあてる」という考えもあるでしょうし、
「万が一、自分ががんで亡くなった場合には、貯金をできるだけ、奥様や子どもさんに残したい」という考えもあるでしょう。
「がん保険だけ」を選ぼうとするのではなく、マネープラン全体のことを考えて、それに合わせたがん保険選びをする必要があります。
ぜひご相談下さい。