医療保険とは、病気やケガで入院したり、手術を受けたりした時に、給付金が受取れる保険です。

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガで入院したり、手術を受けたりした時に、給付金が受取れる保険です。
医療保険に加入しておけば、入院費用や手術費用などの負担を軽減することができます。
生命保険が、自分が死んだ後に家族を守るためのものだとすると、医療保険は今の生活を守るための保険と言えるでしょう。

医療保険の保障内容は?

医療保険のメインの保障内容としては、入院保障と手術保障の2種類があります。

入院保障

万一の病気やけがで入院した際の、入院費用を賄うための保障です。
入院給付金が支払われる日数には、支払い限度日数という上限が設けられています。
また、入院の日数が一定以下だと給付金が支払われない免責条件が定められていることもありますので、
保障内容・契約内容はしっかりチェックしておくことをおすすめします。

手術保障

万一の病気やけがで手術が必要になった際に、手術費用を賄うための保障です。
一般的に皮膚・筋骨・呼吸器・消化器など手術の種類に応じた給付倍率から給付金が算出されます。

医療保険の保障期間は?

医療保険の保障期間には、定期型(更新型)と終身型の2種類があります。
さらに終身型は、支払いタイプによって終身払いと短期払いの二つに分かれます。

終身型医療保険

一生涯の保障を準備することができますが、終身払いの場合、払い込みも一生涯必要となります。
年齢を定めて短期で払いきることも可能ですが、毎月の保険料負担額はそのぶん大きなものとなります。

定期型医療保険

一定期間の保障を目的とした保険です。
払込期間が保障期間となり、更新の度に保険料の見直しが行われます。
同内容の保障では、年齢が上がるごとに疾病リスクなどが高まるため保険料は高くなりますが、
保障内容を見直すことで更新時に保険料を下げることも可能です。

どんな医療保険に入ったらいいの?

入院をするのか健康で長生きするのか、将来は不確実です。
だからこそ、シンプルな保障で、貯蓄を妨げない負担が軽い商品を選ぶことをオススメいたします。