「任意保険」は加入・未加入が自由とは言っても実際問題、「自賠責保険」だけでは被害者への賠償金額が不足する場合が多く、
任意保険にも加入するのが一般的には”あたりまえ”と言っていい状況になっています。

自動車保険とは

自賠責保険と任意保険があります

「自賠責保険」は別名強制保険とも呼ばれていて、全ての自動車(車、バイク)と原動機付自転車を運転する場合は、
絶対に加入しておかなければならない保険です。
これは、「自動車損害賠償保障法」という法律で決められているものです。
自賠責保険に入っていない、未加入の場合は厳しい罰則があるので、自賠責保険は必ず入っておきましょう。
「任意保険」は加入・未加入が自由とは言っても実際問題、「自賠責保険」だけでは被害者への賠償金額が不足する場合が多く、
任意保険にも加入するのが一般的には”あたりまえ”と言っていい状況になっています。

任意保険の補償内容は?

賠償責任保険

相手の人や物に対する保険で、自分自身の車による事故で相手の人にケガをさせたり、車など他人の物を壊してしまい、
法律上の損害賠償責任をおった場合に保険金が支払われるもの。
「賠償責任保険」には、「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」があてはまります。

傷害保険

自分や同乗者に対する保険で、交通事故等によって、自分や同乗者がケガをして入院や通院したりした場合、
死亡してしまった場合等に保険金が支払われます。
「傷害保険」には、「搭乗者傷害特約」、「自損事故傷害特約」、「無保険者事故傷害特約」、「人身傷害保険」の
4つが当てはまります。

車両保険

車両保険は、自分自身の車に対する保険で、交通事故等で破損してしまった、自分自身の車の修理代等が支払われる保険です。

どんな自動車保険に入ったらいいの?

上記保険が組み合わされたパッケージ商品が、各保険会社から発売されています。
基本プランに加え、特約をつけたりして、自分にもっとも適した保険にしておきましょう。