基本の保障にプラスして、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気の保障がついた保険です。

女性向け保険とは

基本の保障にプラスして、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気の保障がついた保険です。

女性向け保険の保障内容は?

入院保障

万一の病気やけがで入院した際の、入院費用を賄うための保障です。
入院給付金が支払われる日数には、支払い限度日数という上限が設けられています。
また、入院の日数が一定以下だと給付金が支払われない免責条件が定められていることもありますので、
保障内容・契約内容はしっかりチェックしておくことをおすすめします。
一般的に女性特有の病気で入院した場合、通常よりも多くの給付金を受け取れます。

手術保障

万一の病気やけがで手術が必要になった際に、手術費用を賄うために必要な保障です。
一般的に皮膚・筋骨・呼吸器・消化器など手術の種類に応じた給付倍率から給付金が算出されます。
女性特有の病気であるという診断が下された場合、通常の医療保険よりも手術の給付金が多く支払われる商品もあります。

女性向け保険の保障期間は?

終身型

一生涯の保障を準備することができますが、終身払いの場合、払い込みも一生涯必要となります。
年齢を定めて短期で払いきることも可能ですが、毎月の保険料負担額はそのぶん大きなものとなります。

定期型

子供が成人するまで、といったようなある一定期間の保障を目的とした保険です。
払込期間が保障期間となり、更新の度に保険料の見直しが行われます。
同内容の保障では、年齢が上がるごとに疾病リスクなどが高まるため保険料は高くなりますが、
保障内容を見直すことで更新時に保険料を下げることも可能です。

どんな女性向け保険に入ったらいいの?

女性のライフスタイルに合わせた保険設計となっていることが多い点、女性特有の病気であるという診断が下された場合、
通常の医療保険よりも入院や手術の給付金が多く支払われる点も魅力的です。
デメリットととしては、女性疾病に対する保障内容を手厚くするために、
通常の医療保険に比べると保険料がそのぶん高くなるということがあります。
最近は通常の医療保険に女性特約をつけたものも出ているので、自分のライフスタイルにあわせて選ぶのがコツです。